日本ユニバーサルツーリズム推進ネットワーク
title_think
think1

 この絵は、2002年4月、神戸でユニバーサルツーリズムの活動を市民プロジェクトとしてスタートさせた当時、仲間たちと語りあった夢を描いたものです。
 多くの人たちのあたたかなご支援を頂きながら、ゆっくりと着実に前へと進み、そのネットワークは全国(沖縄・熊本・神戸・東京・旭川など)に広がりを創り出していきました。

 日本ユニバーサルツーリズム推進ネットワークでは、
 3つの笑顔(安全安心の笑顔・いっしょに楽しむ笑顔・リーズナブルな笑顔)を創りだすために、滞在中に必要とされる様々なサポートをヒアリングし、個々に応じたプランづくりからはじまります。

 《宿泊・観光施設などの情報提供と手配》
 《交通機関の手配・リフト付きタクシーの手配》
 《入浴・食事・外出・排せつなどをサポートする介助者や看護師の手配》
 《ホテル・レストランなどでの刻み食、ペースト食の手配》
 《車いすや、電動ベッド、吸引・吸入器の手配、シャワーチェアなどの手配》

 必要な時間と場所に、必要なサポートサービスを提供するため、様々な企業・NPO法人と連携し、より豊かな旅・滞在を創りだす活動に取り組んでいます。

 私たちは、この取り組みが全国に広がり根付くことにより、自由に旅ができる環境が、たくさんの笑顔に出会える機会が増えていくことを願っています。

kuramoto
日本ユニバーサルツーリズム推進ネットワーク
代表 鞍本 長利